インクの種類が異なる

色の種類が多くなる

一般的なプリンターはブラックやイエロー、シアン、マゼンタのインクを使って印刷します。
しかし最近はこの他に、ライトシアンやライトマゼンタを使うプリンターも登場しました。
色の種類が増えると、もっと綺麗で奥深い写真や絵を印刷できるようになります。
画質にこだわりたい人は、色の種類が多いインクを使ってください。

どんなインクでも対応しているプリンターもあれば、このインクしか使用できないと決まっている製品もあります。
購入する際に確認して、ふさわしいインクを使ってください。
自宅に余っているからと、使用できないインクを無理に使ってはいけません。
無理に別の種類のインクを入れると、プリンターが壊れる原因になります。

顔料と染料の違いを知ろう

文章をたくさん印刷する人は、用紙にインクが染み込みにくい顔料インクを使うのがすすめです。
顔料インクはすぐに乾くこともメリットです。
染料インクは、発色性が良いと言われているので写真や絵の印刷に向いています。
自分が、何を主に印刷したいのか考えてください。
ジャンルに問わず、綺麗に印刷したいと考えている人がいるでしょう。

そんな人は、ハイブリッドタイプのプリンターを使ってください。
顔料インクも染料インクも使用できるので、その時に応じて使い分けると良いですね。
最近は、ハイブリッドタイプのプリンターを選択する人が増えています。
目的に一致しないプリンターでは、綺麗に印刷できません。
選択を間違えないでください。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c